グラボテック - LW2レーザーマーキングステーション

LW3

デスクトップレーザー
LW3: 大容量工業用レーザーマーキングステーション
LW3 - Gravotech
マーキング技術

ファイバーレーザー、DPSSレーザー

マーキングエリア

65 x 65 mm ~ 875 x 300 mm

適合素材

金属、プラスチック

大型パーツへのダイレクトパーツマーキングが可能で、安全基準クラス1レーザーに準拠するレーザーマーキングステーション。LW3は、高い安全性とマーキングの多様性を提供します。
  • 大型パーツのマーキング
    LW3は3面ドアを備えており、最大628 mmの高さのパーツを確実に収容できる内寸高さを提供します。これにより、レーザー光を漏らさず安全な状態でのマーキングが可能です。LW3は 当社の工業用レーザーであるファイバー、ハイブリッド、グリーンレーザーシリーズと互換性があり、 特別な位置決めテーブルを使用して、さまざまな金属やプラスチックパーツの表面に高精度なマーキングを実施できます。
     
  • 多目的利用
    この工業用レーザーマーキングステーションは、固有の識別マーキング、マルチレベル彫刻、小~中量のパーツに対するマトリックスマーキング等、様々な用途に対応します。また、大型パーツに対しても複数の位置や高さでのマーキングが可能です。さらに、LW3に3Dモジュールオプションを追加することで、傾斜したパーツにもマーキングを行うことができます。
     
  • 工業用途向け
    このレーザー彫刻機は、市場で唯一の大型レーザーステーションで、タッチスクリーンを使用して簡単にダイレクトパーツマーキングできます。設置と操作が簡単で、静音性と人間工学に基づいたドア開閉機能を備えており、安全基準クラス1レーザーと卓越した製造品質が特徴です。

技術仕様

新型ZXブリッジ
LW3は、レーザーヘッドがX軸とZ軸の両方に移動できるZXブリッジ構造を採用しています。
この構造により、非常に大きなパーツを端から端までマーキングでき、マーキングエリアが300 x 300 mmから875 x 300 mmに拡大されました。

一体型タッチパネル
7インチのカラータッチパネルを使用して、マーキング操作が容易に行えます。
マーキングジョブを選択し、パーツに正確なマーキングを行うことができます。

安全設計の自動ドア
3面が開くドアはアクセスが容易で、パーツの設置が簡単です。
マーキングが始まると、ドアは自動的に閉まり、終了すると再び開きます。380×210mmの遮光窓から、永久マークの進行状況を確認することもできます。
さらに、このクラス1のレーザーマシンを開閉する際に、設定した高さが変動することはありません。

外形寸法
ステーション単体 : 1213 x 1023 x 1120 mm(幅×奥行×高)
スタンド含む :  1213 x 1023 x 2120 mm(幅×奥行×高)

取り扱い
LW3の重量は約200kgで、オプションのスタンド(キャスター付き)を使用すれば、大型レーザーであっても簡単に移動できます。

技術仕様

レーザーソース
ファイバー、ハイブリッド、グリーン
適用範囲
高生産に対応

マーキング容量

最大マーキングエリア
300 x 300 mm
最大ワークサイズ
810 x 720 x 628 mm

LW3 FIBER LW3 HYBRID LW3 GREEN
型式

LW3 ファイバー

LW3 ハイブリッド

LW3 グリーン

レーザー技術

ファイバー

ハイブリッド

DPSS

最大材料サイズ(幅x奥行x高)

810 x 720 x 628 mm(焦点距離による)

810 x 720 x 628 mm(焦点距離による)

810 x 720 x 628 mm(焦点距離による)

最大材料重量

50 kg

50 kg

50 kg

出力

20W / 30W / 50W

10W / 20W

5W

ピーク出力

10 kW

60 kW

70 kW

サイズ(幅 x 奥行 x 高)

ステーション単体: 1213 x 1023 x 1120 mm
スタンド含む: 1213 x 1023 x 2120 mm

ステーション単体:1213 x 1023 x 1120 mm
スタンド含む:1213 x 1023 x 2120 mm

ステーション単体:1213 x 1023 x 1120 mm
スタンド含む:1213 x 1023 x 2120 mm

周波数

2-200 kHz

10-100 Khz

10-100 Khz

速度

最大 10000 mm/s

最大 3000 mm/s

最大 3000 mm/s

Z軸タイプ

電動 / プリセット

電動 / プリセット

電動 / プリセット

X軸タイプ

電動 / プリセット

電動 / プリセット

電動 / プリセット

操作温度

10 ~ 40 ℃

15 ~ 35 ℃

15 ~ 35 ℃

マーキングエリア - 対応レンズ

F100: 65 x 65 mm
F160: 110 x 110 mm
F254: 175 x 175 mm
F330: 205 x 205 mm
F420: 300 x 300 mm

F160: 110 x 110 mm
F254: 175 x 175 mm

F160: 110 x 110 mm
F254: 175 x 175 mm

Z軸ストローク

標準仕様: 295 mm
ZX仕様: 575 mm

標準仕様:295mm
ZX仕様:575 mm

標準仕様:295mm
ZX仕様:575 mm

X軸ストローク

575 mm(ZX 仕様時)

575 mm(ZX 仕様時)

575 mm(ZX 仕様時)

ドア開閉

電動式開閉ドア

電動式開閉ドア

電動式開閉ドア

インタフェース(標準)

Ethernet TCP/IP; Terminal block 8I / 8O; Laser Safety Dedicated I/O; RS232; USB

Ethernet TCP/IP; Terminal block 8I / 8O; Laser Safety Dedicated I/O; RS232; USB

Ethernet TCP/IP; Terminal block 8I / 8O; Laser Safety Dedicated I/O; RS232; USB

レーザー安全基準

安全基準 - ドア閉時:クラス1 / ドア開時:クラス 2M (照準ダイオード)

安全基準 - ドア閉時:クラス1 / ドア開時:クラス 2M (照準ダイオード)

安全基準 - ドア閉時:クラス1 / ドア開時:クラス 2M (照準ダイオード)

消費電力

800W

800W

800W

マシン重量(レーザーを含まない)

200 kg

200 kg

200 kg

ソフトウェア

Lasertrace / Gravostyle

Lasertrace / Gravostyle

Lasertrace / Gravostyle

使用環境湿度

10 - 85 %

10 - 85 %

10 - 85 %

動作電圧

100 - 240 VA

100 - 240 VA

100 - 240 VA

LW3レーザーワークステーションを使った大型部品の識別マーキング

LW3は大型部品のダイレクトパーツマーキングを可能にする設計です。

このワークステーションは外観も大きく、大型部品を内部に設置するだけでなく、それらに固有の識別番号をマーキングすることも可能です。 実際に、このワークステーションは非常に高い室内高を持ち、最大628mmのワーク高さを収容できます。

さらに、この工業用レーザーマーキングステーションには、パーツとホルダーを正確に配置するためのレールと溝が備わった大型金属テーブルが装備されています。

LW3よりも大きな部品にマーキングする必要がある場合は、クラス4 手動制御デバイスを使用することで、ドアが開いたままでマーキングを行うことができます。

LW2センサー付きドア

Thanks to its Class 1 laser certification (international standard for the highest laser security level), the LW3 ensures that the operator and workplace stays safe.

The door automatically closes before the marking is launched, securing the laser beam within the laser marking machine’s enclosure. The operator can then observe the laser marking through the dedicated secure window, without needing protective glasses. In addition, sensors check if the door is closed.

Finally, the LW3 and touchscreen are ready to pilot an exhaust system, for smoke and particle extraction. Because, during the laser marking, fumes and particles can be generated and need to be extracted to proper filtration systems.

クラス1レーザー認証(最高レベルのレーザーセキュリティの国際基準)により、LW3はオペレータと作業場の安全を確保します。

マーキングが開始される前に、ドアは自動的に閉まり、レーザー光はレーザー彫刻機から漏れることはありません。オペレータは保護メガネを着用する必要はありません。代わりに、安全な遮光窓からレーザーマーキングの進行状況を確認できます。さらに、センサがドアが確実に閉まった状態を検知します。

LW3に付属するタッチパネルを使用して、集塵装置を操作し、レーザーマーキング中に発生する煙や粒子を排除できます。これらの煙や粒子は、適切なフィルターシステムで処理する必要があります。

 

Simplified interface for operators

LW3 は、操作にPCやラップトップが必要ない数少ない工業用レーザーマーキングステーションの1つです。

バーコード、2Dコード、テキスト、日付、ロゴなどのマーキングジョブは、当社の工業用ソフトウェアである Lasertrace または Gravostyle™ のいずれかを使用して作成されます。その後、これらのジョブはLW3内で送信および実行されます。

つまり、マーキングファイルへのアクセスや起動は、付属のタッチパネルを介して行われ、ワークステーションの自動化の可能性を意味します。

 

Gravoply™ 1 - 彫刻材料 - Gravograph

生産モード

このレーザー彫刻機は、大型部品だけでなく、 小~中型部品へのバッチマーキングも可能です。 レーザーヘッドは、利用可能なマーキングエリアとオプションのZXブリッジのストロークにより、多くの部品にレーザーマーキングすることができます。

管理者として、バッチマーキングの各プロセスを当社の工業向けソフトウェアを通じてプログラムできます:

  • マーキング情報
  • 部分の高さ
  • 入出力(I/O)信号のアクティブ化
  • タイムスタンプ
  • タッチパネル上のテキストプロンプト
  • バーコードリーダーを使用した取得
  • その他

この対策により、オペレータのエラーが大幅に減少します。ボタンを押すだけでバッチマーキングが開始されます。

 

専用スタンドに載せたLW3レーザーワークステーション

移動が可能な工業用レーザー

大型のガルバノレーザーマーキングステーションの中で、このLW3 の200kgという重さはそれほど重くはありません。

専用のスタンドに設置しておけば、試運転の際や、永久マーク機能が必要な場合でも、簡単に移動させることができます。

ワークステーション用の台車、オプションの車輪、および比較的軽量な重さにより、LW3 は大型レーザーを簡単に移動できます。これにより、さまざまな産業の製造プロセスに再割り当てし、適応させることができます。

 

お問い合わせ

このレーザー彫刻機は+40の材料を処理できます

ファイバーレーザーマーカー ハイブリッドレーザー グリーンレーザー
有機物
セラミック
電気・医療用セラミック
皮革
紙、ダンボール、コルク
ゴム
シリコン
木材、ニスを塗った木材
プラスチック
ABS​​
ラミネート
PA
PE, PET
アクリル樹脂(PMMA)
POM - PBT
PP
PC
発泡
金属
アルミニウム
陽極酸化アルミニウム
真鍮
カーバイド
コーティング金属
金、銀、ニッケル、プラチナ
ステンレススチール
スチール(鋼鉄)
チタン
= マーキング / エッチング
= カット
= 彫刻

関連製品

当社のレーザー彫刻機を駆動する専用ソフトウェアをご覧ください: Lasertrace & Gravostyle™。 このソフトは 工業向けニーズに対応します: 2Dコード、データマトリックス、シリアルナンバー、バッチマーキング

当社は、試運転、技術サポート、トレーニング、メンテナンスなど、幅広いサービスを提供しています。

また、レーザー彫刻機の予防保全(PM)も実施しています。 内容: クリーニング(光学レンズおよび部品)、調整(プリセットパラメータとマーキングファイル)、安全性チェック