Datamatrixコードをマーキングできるグラボテック製マイクロインパクト式刻印機

刻印技術

ドットマーキングとは?刻印機の機能は?パンチマークのメリットは何ですか?ドットマーキング技術について詳しく解説します。
3Dスタイラス

刻印機とは?

ドットマーキングの原理は、工具を振動させワークに接触させることにより、ワーク表面を凹ませるものです。連続して行うことにより、点線・実線のパンチマークが施されます:

  • ダイレクトマーキング(パーツ)
  • 永久マーク
  • 改ざん防止マーキング

ドットマーキングは、材料の凹みが押し戻されたり、焼きを入れたり、切削することはありません。パンチマークによって削り屑が発生することはありません。つまり、マーキングする部品の厚みに関係なく、材料の破損が発生しないということです。 グラボテックでは2種の駆動タイプの打刻機を提供しています:

  • 空圧式
  • 電磁式

ドットマーキングは、ワークに対し深さのある高速マーキングはもとより、小さなエリアへのData Matrix™コードのような非常に精密なマーキングまで、あらゆる用途に適しています。

 

刻印機を見る
Datamatrixコードをマーキングできるグラボテック製マイクロインパクト式刻印機

刻印機のメリットは?

  • 経済的:維持費用が低く、消耗品も少ないため、コスト削減に貢献。(パンチ、ローラー、電解液、バブルジェットマーキングとは異なります)
  • 多用途:3Dスタイラスにより、凸凹のあるワークなど複雑な形状のサーフェスに対応。また硬度62HRCまでの素材にマーキングが可能。
  • 使いやすさ:マーキングデータで見たままを刻印。画面上でマーキング内容を確認すれば、正確に打刻を実施。
  • 生産性:高速マーキングを実現。
  • 効率的: スピーディでクリアなパンチマーク。
  • 独立型:ファイル作成やマシンの制御にコンピューターは不要。
打刻機を見る

刻印機を使ったアプリケーション

グラボテックのドットマーキング技術は、航空宇宙、自動車、防衛、電子、海軍、機械、医療、冶金、鉱業、二輪、原子力、石油・ガス、個人用保護具など、幅広く様々な産業において使用されています。刻印機は、永久マーク消えない識別/トレーサビリティを実現するのに最適なソリューションです。

真鍮、鋼鉄、チタンなどの部品であっても、グラボテックの打刻機を使えば、様々な素材のワークに刻印ができます。

刻印機に対応した材料は?

刻印機
プラスチック
ABS​​
PA
PC
PE, PET
アクリル樹脂(PMMA)
POM - PBT
PP
金属
アルミニウム
陽極酸化アルミニウム
真鍮
カーバイド
コーティング金属
金、銀、ニッケル、プラチナ
ステンレススチール
スチール(鋼鉄)
チタン
= マーキング / エッチング
= 彫刻

刻印機/打刻機

    その他の彫刻・マーキング技術